英語4技能どれが重要?子供の英語力を上げる方法

オンライン

昨今の英語学習で4技能をバランス良く習得する必要があると、多くの塾や通信講座でその重要性を謳っています。これまでの学校での学習方法と今謳われている4技能の違いについて考えてみつつ、英語初心者がまずどれを身に付ける必要があるのかを経験則からご紹介します。

英語4技能とは

英語の4技能とは、「読む・聞く・書く・話す」力のことです。

かつての日本の英語学習は「読む」「書く」が中心

私たち親世代が学んできた英語の授業では、読む・書くが中心でした。当然聞くもありましたが、割合としては非常に少なく、テストにおいては読む・書くだけでした。リスニングのように油断するとどんどん会話が進んでいくような教材での学習よりも、自分のペースで読むと書くが出来る状態で、英語の文法理解を優先していた授業だったので、聞く・話すの優先度は低く設定されていたように思えます。

これからはコミュニケーション英語として4技能が求められる

昨今は、コミュニケーションの重要性が英語のみならず日本語においてもクローズアップされているので、「読む」「書く」だけではなく、「聞く」「話す」を含めた4技能をバランスよく使いこなすことが求められてきていますね。

そして、日本の至る所に英会話教室が乱立しているにもかかわらず、日本人の英語で話す技術においてはまだまだ発展途上だと思います。

英語で話すとは?

小学校でも英語の授業が始まりましたが、並行して日本語の授業も行われていますよね。日本語の授業とは国語の授業の事ですが、小学校の国語の授業は、教科書の音読と漢字の練習が日々の宿題に出されている学校が多いのではないでしょうか。

国語の宿題で音読というのは、非常に重要な学習で、文章を読み上げることで読解力が飛躍的に向上します黙読では読み飛ばしてしまう語彙なども、音読ではごまかす事が出来ず、また文脈から知らない単語の意味を推測しながら読み進めるという柔軟性も身に付きます

しかし音読は、話すと言う事とは異なります。これは、国語でも英語でも同じです。

声に出して読むことが「話す」ではない事実

英語の授業においても、小学校の授業では、単語を音読するというところまでが限界で、中学から教科書を音読するという授業が始まります。しかしこれは、小学校の国語の授業同様に読解力をつけるための音読という位置づけです。初心者においては重要ですが、必要とされる4技能の一つの話すのレベルには到底達していません

英語で話せなくても何とかなっていた受験

英語の「話す」を蔑ろにしていても、受験科目に「話す」がないので特に問題はありませんでした。それが、これまでの受験だったのだと思います。従って学校教育においても、「話す」は後回しとなっていました。実施したとしても、聞いた内容を理解して書き出すまででした。そんな日本の受験文化が、話すスキルの習得を後回しにしていたのだと思います。

英語で「話す」為に必要な「聞く」と「音読」

英語で「話す」為の練習はいろいろありますが、一番の近道は「聞く」と「音読」だと経験上考えています。英語の学習の順番はまず「聞く」が何より必要です。

赤ちゃんの言語習得順と同じで「聞く」が重要

母国語を話せる人が外国語を学ぶために重要なのは文法と言われています。それは間違いではないですが、英会話という観点で考えたときに文法通りに正確に話すことよりも、意思を伝えられることが重要になるので、多少の文法の誤りは大きな問題ではありません。そして、日本人が日本語の文法を正確に使いこなしているわけでもないけど、日本語コミュニケーションが成り立っているのも周知の事実だと思います。

そして、赤ちゃんが言葉を習得していく順番は「聞く⇒話す⇒読む⇒書く」の順番です。それは、情報のインプットの方法として「聞く」が一番短時間で大量の情報に触れられる事と、ジェスチャーと合わせて意味を推測しやすい技術だからです。

話すための訓練「音読」を増やせば言葉は出てくる

そんなに難しいことではないのですが、テキストを声に出して読むというトレーニングは非常に大切な学習方法です。しかし、受験の科目で読み上げるというテスト問題が無い為、学校での優先順位は非常に低く考えられていました

しかし、音読というのは副次的に次の「聞く」と「読む」の練習にもつながるため、英会話を習得する上で非常に有効な手段です。

  • 「聞く」練習・・・先生の話した文章を聞いてまねする。自分の話した内容を耳で聞く
  • 「読む」練習・・・教科書を読んで声に出す。

可能であれば、辞書を片手にわからない単語を調べつつ音読した方が良いですが、不思議なことに何度も音読を繰り返すと、なんとなく意味が分かってくるもので、フレーズも言葉に出すことに慣れてくるので「話す」為の言葉やフレーズが鼻歌を歌うかのように自然と口から出てくるようになります

話すを鍛えるオンライン英会話教室

英語が小学生の科目になって久しいですが、その内容はまだまだ手探り状態。公立校に通う子供には先生も英語力は乏しく充分な勉強ができないと思います。そこで登場するのは英会話教室です。

元々あちらこちらに乱立していた英会話教室ですが、小学生の英語教育が始まって、子供向けの英会話教室がさらに増えた印象もありますが、冒頭でお伝えした通り、音読の域を出ない英会話教室がまだまだ多くを占めています。そんな中で、話すを鍛えることに重点を置いているオンライン英会話教室がありますのでご紹介します。

Cambly Kids

Cambly Kidsはオンラインのマンツーマンレッスンです。

講師は全員がネイティブスピーカーで、子供の英語のレベルに合わせて、スピーキング、リスニング、クリティカルシンキング力が身に付けられるように指導するので、楽しみながら自然な英語、そして、英語で考える力を学ぶことができます。

  • マンツーマン・レッスンなので、他の子供の英語力を気にすることなく、分からない語彙など気軽に質問できる
  • 英会話はテキストや講師の話した内容を繰り返すのではなく、質問や課題を自分で考えて英語での表現を考えるので、思考力と英語力が鍛えられる。
  • レッスンは歌、ゲームなどの楽しいアクティビティがあり、初心者でも楽しみながら英語に触れられる。
  • 全てのレッスンは「自動録画機能」で記録されている為、復習として活用できるほか、保護者が子供の学びや成長を確認することもできる

GLOBAL CROWN

個人的にはGLOBAL CROWNが1番おすすめです。英語レベル毎に32段階のカリキュラムがあり、専用アプリを使って、英語4技能をバランスよく無理なく身に付けられます。

レッスンは会話によるアウトプットが圧倒的に多いのが特徴です。その具体的な手法はホームページを確認いただいた方が良いと思いますが、1回のレッスンが20分と短く、飽きの来ない適度な時間と緊張感でレッスンを受けていますが、難易度が手におえないほどの難易度ではない為、うちの子もレッスンを継続できています。

  • 先生は日本語も話せるので、日本語で話している中に自然と英語が入ってくる。
  • 子どもの成長段階に合わせてレッスン内容をカスタマイズしてくれる。
  • レッスンの日時は決まった時間を毎週固定で決めるので毎回の予約が不要
  • レッスンの無い日もAIを用いたアプリでフレーズの発音・スペル・ライティングのチェックが可能
  • アプリには、ゲーム感覚で英語4技能を学べる自習機能が搭載
  • 保護者はいつでも子どもの英会話レベルや成長マップや、習熟状況などの成長記録を確認可能

まとめ

いかがでしたか?音読ではなく、「話す」技術が英語習得に最重要な学習である点ご理解いただけたかと思います。

現代は町の英会話教室だけではなく、オンライン英会話教室も多くどれを活用しようか迷ってしまうかもしれませんが、是非体験授業を受けてお子さんに合った「話す」の授業が受けられる英会話教室を探してみてください。

コメント

  1. […] 英語4技能のどれが重要?子供の英語力を手っ取り早く上げる方法 […]

  2. […] 英語4技能のどれが重要?子供の英語力を手っ取り早く上げる方法 […]

  3. […] 英語4技能のどれが重要?子供の英語力を手っ取り早く上げる方法 […]

タイトルとURLをコピーしました