子どもが一人で自ら楽しく読む英語の絵本なんてない!?

こんにちは。今回は幼児から小学生低学年の子ども向けの英語の絵本のご紹介です。絵本と言えば、日本語でもお母さんが子どもに読み聞かせるところから始まり、子どもが自発的に手に取って読むようになるには時間がかかると思います。

それが、英語の絵本となると日本語の絵本よりもさらに親御さんは大変ですよね。そもそも英語が得意ではないお父さん・お母さんは英語で読んであげるのも一苦労ですよね。

だから英語の絵本を使った自宅での英語学習を避けているご家庭って多いみたいです。そこで、今回は親の負担を抑えて少しでもお子さんの英語に触れる機会を増やす絵本をご紹介します。ひょっとしたらお子さんが放置してても自分から手に取るようになるかもしれませんよ。

子どもに英語の絵本を読ませるメリット

英語の絵本を読むメリットはどんなことがあるのでしょうか。お子さんが自分から読む事が出来なくてもCDなどの音声を使っての読み聞かせでも多くの効果があります。一番の効果は世の中で英語学習のセオリーとされている「多読」と同じような効果を幼児期の時から経験出来る点だと思いますが、その他にもいくつかのメリットがあります。

大量のインプットで語彙が増える

英語の絵本を繰り返し聴く事で、子どもは様々な単語や表現に触れる事が出来ます。気に入った絵本であればそこで頻繁に使われるフレーズが脳にインプットされます。

絵本で使われるフレーズの多くは、優しい単語や短い文章ですが、日常の親子の会話でもよくつかわれるフレーズも多く、そして、絵を見ながら理解するので辞書で意味を調べることなくボキャブラリーを増やす効果があります。

無意識に英語に集中できる

絵本は、子どもが興味を持つようなカラフルなイラストと、音声はポップな音を使って飽きない工夫がされているので、集中して英語の絵本を見ながら無意識に英語の音声をインプットすることができます。

子どもは意識しなくても英語の会話を耳からインプットするので、日常の中でも聞いたことあるフレーズに反応するようになると思います。そんな日常からも英語の絵本を読む効果を感じる事が出来るようになると思います。

英語の絵本を読み聞かせるデメリット

逆にデメリットを考えてみたときには、子どもにとってのデメリットはほとんどありません。目が近すぎて目が悪くなるというのがあるかもしれませんが、スマホの見過ぎよりも確率は低いと思います。それ以外にあるとすれば、次のような大人の事情でしょうか

  • 絵本の値段が高い
  • たくさん購入すると置き場所に困る

これを理由に子どもの英語学習を妨げるのであれば、この記事の先を読む必要はないと思いますが、子どもが楽しく自分から読む絵本があるとしたら、このデメリットは大人が何とかするとして、この記事を読んでみる価値はあると思います。

子どもが英語の絵本を自ら読む条件

日本語でも英語でも同じですが、楽しくない本は長続きしません。英語の絵本で詰まらなかったら英語を嫌いになってしまうかもしれません。そして、楽しかったとしても、お母さんが読んであげないと自分から読まずに「読んで、読んで」とせがまれてばかりだと親の負担が大きくなります

理想は、自分からページをめくりたくなるような楽しい英語の絵本ですよね。小学生低学年や幼児には、次のような要素の絵本が効果的です。

  • 絵がかわいくて英語を読まなくても話がわかる絵本
  • 日本語版があり、英語版はCDがセットとなっている絵本
  • 仕掛けが多くて楽しめる絵本

絵がかわいくて英語を読まなくてもわかったり楽しい仕掛け絵本は英語がメインではないので、意味がないと思うかもしれませんが、英語の環境に触れるという意味で、低学年のお子さんには非常に有効的な英語と触れ合う機会になります。

子どもの英語学習に最適な絵本5選

先の特長があって、子どもが一人でも読み始める楽しい英語の絵本は探せばいくつかありますが、ここではその中でも人気の5冊をご紹介します。

The Very Hungry Caterpillar

日本でも有名な「はらぺこあおむし」です。うまれたばかりの青虫がお腹がすいて、食べ物を食べていくところから始まります。内容はシンプルで分かりやすいので、超初心者向けの絵本としてススメです。

日本語訳が英文の下に付加されているので、お子さんはその日本語訳だけを見て読み進めてしまうかもしれませんが、youtubeに著者の朗読している動画があるので、こちらに合わせてページをめくっていく事で、日本語と英語両方に触れながら英語を理解する効果はあります。

Ketchup on Your Cornflakes?

Do you like~?のフレーズが繰り返される絵本です。

しかけ絵本になっていて、上下に分かれたページをそれぞれ別々にめくって上下の絵を組み合わせて遊ぶ絵本です。表紙のように上段ページのケチャップを下段ページのコーンフレークにかけるのはまだ普通?で、様々な奇想天外なパターンを自分で考えて楽しめる絵本です。

次々に色々なパターンを試したがるので、英語の読み聞かせどころではなくなりますが、英語の絵本であることを意識せずに楽しめて、気づいたら英語を身近に感じられるようになります。

子どもが組合せ尽くして落ち着いてきたところで、Do you like〜?と投げかけてあげるとよいと思います。パターンに応じたin やonの使い分けや、Do you like〜の英語文章も耳に残り意味として定着する事が出来ます。本の素材もしっかりしているのでオススメです。

Dear Zoo

犬のペットが欲しいのに動物園から様々な動物が送られてきます。しかけ絵本で、箱に入れられて送られてくる動物の一部からどんな動物が送られて来たのかを当てながら楽しむ英語の絵本です。色々な動物の名前を学習していく事が出来ると思います。

日本語版もあるのでまずはこちらで話の流れや動物の名前を憶えて、英語版を読むと日本語と英語の動物名をセットで楽しく覚えられます。子どもも初めは動物の名前を日本語で呼びますが、英語版を繰り返すうちに英語でも呼び方も理解してきます。

Amazonに動物をモノのように返品してモラルがない絵本という意見もありますが、道徳心を養うための本でもなく純粋な仕掛け絵本として楽しんで、モラルはもっと別の場所で育めばよいのではないかと思い紹介しています。

The Cat in the Hat

帽子をかぶったネコと母の帰りを待っている兄妹の楽しいやり取りを見ながら英語に触れるお話です。コミカルな挿し絵とリズミカルな文章が読みやすく、物語も絵もとても温かみのある雰囲気の絵本です。

CD付きなので、読み聞かせにも便利。音声や音響にも工夫があり楽しく聞く事が出来ると思います。

STAGE 1 FIRST WORDS PACK

オックスフォードリーディングツリーの紹介です。シリーズ全巻で246冊が出版されていて、少しずつ無理なく難易度が上がっていく構成になっています。

簡単な単語だけの絵本から徐々に難易度が上がる

Firstステージは1ページに1単語で、1冊も数ページの簡単な単語だけで作られています。そんな数ページの物語でも、コミカルな絵がその内容を理解するには十分な表現力で子どもの理解を助けてくれます。

>>オックスフォードリーディングツリーのツリーマップはこちら

最初のシリーズは一ページに数個の単語で構成された文章ですが、進めるにつれて、英語の量が増えて文章になり、長文になっていきます。英語の苦手な親御さんも初めは簡単ですが、途中から「ん?」ってなるかもしれません。

毎冊の最後のオチが楽しくて継続して読める

そして、毎回最後のページでは子どもがクスっと笑うオチがついています。大人が真面目に聞くとイマイチな内容だったり納得感のないオチもありますが、子どものツボにはハマっているようです。

子どもは、単語数や文章の長さが段階的に増えてくるので自然と読み進める事が出来ます。何より素晴らしいのは毎回かならずあるオチです。これがあるので、子どもは読み続けられているように思えます。英語の理解が十分じゃなくても、絵と一緒に理解出来ちゃうのがすごいと思います。それでも着実に英語力は上がっていると思います。

CDとセットで英語の理解が深まる

この訳さなくても絵を見ればわかる絵本はCDとセットで使うと、不思議なんですが、英語が読めないのにページをめくるタイミングがわかってきます。CDの朗読に合わせてページをめくるんです。理由はわからないんですけどね。不思議です・・・

紹介しているのは、STAGE 1 FIRST SENTENCESと最初のステージの絵本です。購入して子どもがはまるようであれば、STAGE2以降も買い進めるとよいのではないかと思います。

オックスフォードリーディングツリーの公式HPはこちら

まとめ

子どもが自ら読み進める英語の絵本を我が息子の経験から紹介しました。どれも英語学習初期のまだ日本語も完全ではない時から始める時に効果を発揮する絵本ではないかと思います。

ちなみに我が家で、一番続いているのはオックスフォードリーディングツリーです。ちょっと値は張りますが、子どもの成長と共に読むステージのレベルも上がってきて確実にステップアップしているように思えます。

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

タイトルとURLをコピーしました