ヤリすぎ厳禁!!小学生の英語学習はフォニックスから

リスニング

こんにちは。今回も英語学習に役立つ情報を共有していきたいと思いますので、是非最後までお付き合いください。

2020年から小学校で英語の授業が始まりましたが、お子さんの英語力は向上してますでしょうか。まだまだ小学校の授業が手探りで進められている状況なので、大きな効果は出ていないというのが実態だと思います。でも、中学の英語の授業は小学校の英語教育を受けていることを前提に行われます

従って、小学校の英語授業が確立されていなくても、中学英語で落ちこぼれて英語が苦手にならないように家庭で英語の勉強をさせる必要があります。今回は小学生のうちに最低限習得しておきたい英語の基礎とその学び方についてご紹介します。

この記事を読めば次のことが明確になります。

  • 小学生のうちに学んでおきたい英語の基礎とはなにか?
  • 英語の基礎を習得する具体的な勉強法やおすすめの教材は?

記事のタイトルに「フォニックスを理解しよう」ってあるから、今日はフォニックスのお話なんですよね?

え!?まぁ、そうなんだけど、色々な教材も出ているのでおススメの勉強法も教えちゃいますよ!

中学受験を控えているご家庭では、受験科目ではない英語の勉強は最低限にしたいと考えていらっしゃるご家庭にも最適な方法ではないかと思いますので、最後までお付き合いください

小学校の英語授業で求められているレベル

文部科学省のカリキュラムによると、中学校の英語授業の前倒しではないと記載されていますが、実態はどの程度の英語の習得を期待されているのでしょうか。

学習指導要領では、小・中・高等学校を通して1.各学校段階の学びを円滑に接続させる、2.「英語を使って何ができるようになるか」という観点から一貫した教育目標(4技能に係る具体的な指標の形式の目標を含む)を示す。(具体的な学習到達目標は各学校が設定する)。

小学校高学年では、現在、中学校で学ばれている内容を単に前倒しするのではなく、小学校の発達段階に応じて、積極的に英語を読もうとしたり書こうとしたりする態度の育成を含めた初歩的な英語の運用能力を養う指導が考えられる。
中学校では、身近な話題についての理解や表現、簡単な情報交換ができるコミュニケーション能力を養う

引用:文部科学省のホームページ

これまでの中学英語とは異なるレベルが求められる小学英語

文部科学省の指針には、中学でスムーズに英語の学習に入るための準備の位置づけと書かれています。では、中学英語のカリキュラムはどうなっているのでしょうか。

元々の中学英語は文法と読み書きが中心の勉強でしたが、今回の改革によってコミュニケーション能力を養うカリキュラムへと変わっています。これは、これまでの中学英語よりも難易度の高いレベルに変わっているということです。その素地を小学校の英語の授業で学ぶというのが今回の教育改革の趣旨になるので、「単に前倒しするのではなく」というのは、実際のところ、ただの前倒しよりも厳しいことが要求されていると考えるべき改革だと言えます。

一方で、「具体的な学習到達目標は各学校が設定する」とあり、小学校での英語の学習が一定の学力を身に付けるための具体的なカリキュラムを立てられているようには見えないのが実態です。

中学英語の授業は小学英語ができる前提で進行する

そんな中、中学校では、小学校の英語学習である程度の素地が身に付けられている前提でコミュニケーションを磨く授業を始めることになりますので、小学校での基礎が出来ていない(指導されていない)子供たちにとっては、中学の英語は苦しみでしかなくなり英語嫌いの子供たちを大量生産してしまうリスクがあるのではないかと思います。

小学5年生からは英語の授業も教科扱い

小学校の英語授業は見切り発車で始まっていますが、小学5年生からは、英語の授業が教科の位置づけとなります。どういうことかというと、通知表に成績が付けられるようになるのだと思われます。

英語学習のカリキュラムを各小学校が設定している以上、正しくこの教育改革の意図を理解して授業を行っている学校は、それに見合った成績をつけると考えられますが、英語教育を進める環境に無い学校については、指導者側の教育も進んでいないことから、適切な評価ができない可能性があります

しかしながら、教科としての扱いになるということは、明確に科目として認識して進級時の評価の指標にもなるため内申のインプットにもなってくることが予測されます。

小学校での英語授業の実態

着々と中学以降の英語のカリキュラムが変化を遂げていく中で現在の小学英語の授業はどのように行われているのでしょうか。

授業内容はまだまだ手探り

実際の小学校の英語教育現場では、外国人教師を招いて子供たちに英語を触れる機会をつくっている学校もあれば、DVDや英語教育用の音楽を流して体を動かしながら楽しむという方法で終わらせている現場もあると聞いています。実際のところ学校側としても、細かい教育方針は文部科学省から丸投げされているので、困惑している状況ではないかと思います。

家庭や塾での英語学習のフォローが必須

そんな状況を危惧してか、多くの英語学習の教材やオンラインレッスンが開校しています。コロナの影響もあり教室に通って受ける英会話教室よりも、オンライン英会話や教材による学習のニーズが高まっているのですが、実際にどのように学習するのが効率的なのかよくわからない状況になっています。

世の中は、英語の4技能をまんべんなく学ぶことが英語習得に必要ですという意見が多く出ていますが、経験上、小学校で学ぶ英語においては、4技能全てを学ぶ必要はないと思っています。

文科省のカリキュラムでは、4技能を学習するとありますが、日本語としての国語力が未熟な状態で英語の4技能を学ばせるのはかなりハードルがく、中学受験を考えている家庭においては、勉強の妨げにしかなりません。

英語学習での最重要はリスニング

英語の学力を向上させるには、基礎力を確かなものにする必要があります。基礎力を身に付けるためにまずやらなければならない事は「聴く力」、すなわちリスニング力になります。

英語初心者がまずやるべきはリスニング

英語に限ったことではありませんが、コミュニケーションの多くは「人の話を聞く」事と「人に正しく伝える」事です。要するに、リスニングとスピーキングが英語学習のスタートです。そして、スピーキングができるようになるためにはまずリスニングが出来ることが前提になります。

赤ちゃんも初めは聴くところら学んでいます。1年以上は人の話を聞いているだけです。初めは意味が分からなくても仕草や状況などから学ぶことなく話せるようになってきます。

その他3技能は中学からでも間に合う

リスニングがある程度できるようになると、スピーキングも自然と出てくるようになります。発音が上手いことを気にする人もいますが、英語らしく話をして相手に伝えるには、発音を正すことよりも、シラブルとイントネーションが重要になります。

そして、正しいシラブルとイントネーションで話せるようになると、読めるようになります。書くのは最後で必要に応じて書ければ問題はありません。日本語のように同音異義の漢字が複数あるわけでもないので、書くことは、中学に入ってからでも十分間に合います。

発音が上手くなくてもこの2つが正確であれば英語らしく話す事ができます。そして、ネイティブスピーカーにも伝わりやすいという傾向があります。ソフトバンクの孫社長は中学レベルの英語で多くのプレゼンを成功させているということからも、発音よりも重要な事があるというのがわかります。こちらの本ではその秘訣なども触れているので参考になると思いご紹介します。

リスニング学習はフォニックスが最適

では、英語初心者の勉強で重要なリスニングですがどのような学習方法があるのでしょうか。個人的には、フォニックスの一択だと思っています。

フォニックスとは

フォニックスとは、アルファベットの読み方を覚えるだけの学習です。厳密にいうと、フォニックスは、文字と発音の関係を学ぶ音声による学習方法で、A,B,C,D・・・のアルファベット一つ一つの発音を学びます。

日本では、エービーシーディーと発音していますが、フォニックスでは、ア・ブ・ク・ドゥと発音します。他にも決まった発音のパターンを習得することで、知らない単語でも、自力で発音が出来るようになり、聞いただけで単語が書けるようになります。

従って、聞いて話せれば結果的に読めるし書けるようになるというのがフォニックスを学習する利点です。

具体的にフォニックスが学べる教材はこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

フォニックスでの英語学習を継続させるコツ

フォニックスによる英語の勉強時間は、多ければ多いほど良いのですが、いきなりハードル上げても続きません。継続するためには、毎日5分の時間を確実に取れるように普段の生活をコントロールしてください。

楽しく学べれば良いですが、嫌がっていたとしても、5分間だけ頑張る事が学習を継続させる重要なポイントです。

子供のフォニックス学習で保護者が出来る事

1日5分の英語学習の時間を確保する事が継続の秘訣ですが、それをコントロールするのは、保護者が唯一のやるべきことです。5分間は嫌がっていたとしてもフォニックスの学習をするように促してください。聞くだけでも良いと思います。嫌々だとしても、その5分間を習慣化させてください。スマホを見るのもマンガを読むのも我慢して、フォニックスに集中する時間を5分間確保してみてください。

5分後に継続してフォニックスを聞くか、他の遊びに移るかは子供の意思にゆだねるようにすると、5分耐えればよい。という気持ちで頑張てくれると思います。そして、5分間聞いていれば、いずれはフォニックスの楽しさがわかってきて、もう少しだけやろう。という気持ちになりフォニックスの学習が定着してくると思います。

まとめ

フォニックスの勉強は算数や理科、社会などの様に難しい勉強ではありません。従って、勉強という意識を受け付けることなく、幼稚園のうちから始めてもよいと思います。遅くとも小学生の低学年のうちにフォニックスを理解するように学習することをお勧めします。

教材はいくつかあるので、お子さんが気に入りそうな教材を選びながらなるべく勉強という意識を持たせないような教材を選んであげる事が重要です。

コメント

  1. […] […]

  2. […] ヤリすぎ厳禁!!小学生の英語学習!まずはフォニックスを理解しよう […]

  3. […] ヤリすぎ厳禁!!小学生の英語学習!まずはフォニックスを理解しよう […]

タイトルとURLをコピーしました